交渉方法がわかる

弁護士が売掛金回収に介入する事で、当事者同士の話し合いも変化します。「売掛金回収のために何が必要か」を弁護士はこちらに指南してくれますから、相手とどのように交渉すれば良いかが分かるようになるのです。

当事者同士の交渉の仕方にも、実は非常に多くの種類があります。ただ話し合いをする事だけを考えても、「直接対面」するのか、「電話」なのか、「普通郵便での請求」なのかといったように、多くの選択肢があるのです。

売掛金回収を弁護士に相談したからといって、必ず「民事裁判」にまで問題が発展する、といった事はありません。弁護士は常に多くの選択肢を、適切なタイミングで提示してくれますから、状況に応じてこちらの打てる手は寧ろ増えていきます。

売掛金回収において一番の理想は、相手が支払い期限までに売掛金をこちらに支払ってくれる事です。またその上で、当事者同士の関係が以前と同様であれば何も言う事はありません。そのように事態が動くよう、弁護士は常に適切なアドバイスをしてくれます。弁護士は問題解決のプロですが、同時に「交渉のプロ」でもあります。弁護士がどのように相手と交渉するのかをじっくりと観察すれば、ひょっとしたら次の問題からはあなた単独で解決できるかも知れません。